マンション購入

住宅購入(マンション購入)は本当に借金なのか?

あなたは、衣食住の「住」にかかる費用を借金と考えるか?!

衣食住は、人が生まれてから死ぬまで、切っても切れない関係であり大切なものだ。

自分にかかる衣食住の費用を計算した人はほとんどいないであろう。

今回は、衣食住の「住」にフォーカスしてお伝えしたい。

人間、「家に住む」というのはずっと続く。

死ぬまで続く。

結論、家にはずっとお金がかかる。

家を買って住むにしろ、借りて住むにしろ、家にかかるお金がゼロになることはない。

家を買うことに対して、「そんなに多くの借金はできない」と言う人がいる。

私は無理に家を購入することを進めたいわけではない。

ただ、考え方として伝えたいのだ。

一生、賃貸であってもお金はかかる。

賃貸と購入の是非を問いたいわけでもない。

住むことに対して一生の費用を計算したことがあり、それが頭に入っている人は、住宅購入時に「多くの借金」という考えにならない。

なぜなら、

どの道、

人生において住むことに対する費用は莫大であることを知っているからだ。

今、人生100年時代と言われている。

例えば、今30歳の人が100歳まで生きると仮定しよう。

残り70年を家賃100,000円/月で暮らしたとしたら、トータルでいくらかかるだろうか?

合計で84,000,000円である。

10万の賃貸で住み続けることを考えるとこの金額がかかってくる。

未来にかかってくるお金で、確実に払わなければならないお金である。

「払わなければいけない」という点からすると、借金と言っても良いいような気がする。

衣食住に関しては、特定の銀行や人から借りなくても、生きていくためには払うことになるだろう。

借金では無いかもしれないが、払わないといけないお金であることに違いは無いだろう。

人が「借金をしたくない」と言ったところで、生きていく限り借金はあるようなものなのだ。

生きるということは、お金がかかり続けるのだ!

賃貸か持ち家か?と議論されることがある。

借りるか?買うか?

どちらでも良いと思うが、

まずは「賃貸で暮らした場合、最低でも一生にどれくらいのお金がかかるか?」を計算して欲しい。

人が生活する上で「住まい」は大切。

切っても切り離せないこと。

大切なことなのに、それほど真剣に考えている方がいない。

住宅購入でいきなりマンションの内覧を開始する人がいるが、まずは「住まい」に対してちゃんと理解して欲しい。

細かい月々の支払いを比べるよりも、まずは人生トータルでいくら払うのか?

人生の住まいに対する予算を考えてみよう。

住宅購入は、この予算を消化するための一つの手段に過ぎないのだから。