マンション購入

フラット35のメリット3選‼【住宅ローン】

住宅ローンのフラット35! 「フラット35」って聞いたことはあるけど、正直良く分からない・・

そんな人向けに記事を作りました。

詳細まで知る必要はないが、全体像が分かっていると物事の理解は速い。

さぁ、行って見よう‼

【目次】

フラット35の概要

フラット35のメリット①固定金利が低い

フラット35のメリット②借入れ限度額が高い

フラット35のメリット③審査がやさしい

フラット35の概要

フラット35

https://www.flat35.com/

住宅ローンは、

民間の金融機関の商品

・住宅金融支援機構の商品

に分かれる。

住宅金融支援機構の商品のことを

フラット35という。

フラット35とは、

住宅金融支援機構と民間金融期間の提携による

最長35年の長期固定金利型の住宅ローンのこと。

フラット35は、 国による「持ち家」を促進させるための住宅ローン商品だ。

フラット35の取扱窓口は、各銀行や各金融期間になる。

そんな中、フラット35を一番取り扱っているのはARUHIだ。

ARUHI

https://www.aruhi-corp.co.jp/

フラット35は、

固定金利のみだ。

民間の銀行は、3パターンの金利を用意してある。

・変動金利型

・全期間固定金利型

・固定金利選択型

フラット35のメリット① 固定金利が低い

全期間、固定金利で住宅ローンを利用する場合、

フラット35の金利が一番低い。

固定金利(返済期間35年)

三菱UFJ銀行   1.75%

三井住友銀行  1.75%

みずほ銀行   1.62%

フラット35    1.3%

※2020年5月時点

見てもらって分かるだろう。

フラット35が、返済期間35年なら一番金利が低い!

フラット35のメリット② 借入れ限度額が高い

【参考動画】

りそな銀行のメリット3選‼

 

借入限度額を比べてみよう

例)年収450万

りそな銀行 3,260万(84,193円/月)

フラット35 4,426万(132,000円/月)

差は1,000万以上ある。

スゴイ金額である。

ただ、注意が必要だ。

借りられる上限金額と、返済できる金額は別

「借りられる金額を、返済額を考えずに借りる」ことだけは絶対にやってはいけない。

無理のない返済、 収入の25%以下の返済額にすることだ。

【参考動画】

・住宅ローンの支払いは収入の25%以下にしろ‼

・【年収450万】3,500万のマイホームを買っても大丈夫か ‼

フラット35のメリット③ 審査がやさしい

「民間の銀行の住宅ローン審査は厳しい」と思っておいた方がいいだろう。

個人事業主・フリーランス・経営者は、民間の銀行から住宅ローンは借りにくいのだ。

銀行からしたら、経営者よりもサラリーマンに貸したいのが本音である。

だから、経営者・個人事業主は、フラット35で家を買う。

民間の銀行は、勤続1年以内の人には貸さない傾向にある。

だが、フラット35は、勤続1年未満でも貸してくれる。

また、フラット35は、年収が低めの人にでも積極的に貸してくれるのだ。

民間の住宅ローンを借りるときには、 必ず、団体信用生命保険に入らなければいけない。

団体信用生命保険とは、 借りた人が死亡・高度障害等になったときに支払いがゼロになる保険。

フラット35は、 団体信用生命保険への加入は任意だ。

だから、健康状態に問題があってもフラット35なら大丈夫!