マンション購入

将来、売ったり貸すなら、戸建てよりマンションの方がいいのか?

マイホームを買うとき、「数年後の売却や賃貸に出す」ことを心配する人もいるだろう。

今回はそんな心配を解決させて頂きたい。

では行ってみよう!

目次

1.流動性で考える

2.流動性が高いのは駅徒歩15分圏内

3.買取再販業者の存在

前提

今回は、

戸建てとマンションはどちらが売りやすいか?貸しやすいか?

という視点で話します。

決して、「戸建てとマンション、どっちを買った方がいいか?」という話しではありません。

人それぞれ価値観・感性・好みが違います。

だから、すべての人にとって「戸建てがいい」とか「マンションがいい」ということはありません。

人生で大切なのは、

1に、時間

2に、健康です。

マイホーム購入は、この本質を忘れずに購入してください。

【1】流動性で考える

「将来、売ったり貸すなら、戸建てよりマンションの方がいいの?」 この質問への答えを先に言おう。

答えは、マンションの方がいい。

理由は、流動性が高いからだ。

流動性が高いとは、

売ったり買ったり、貸したり借りたりの取引が多いこと。

【2】 流動性が高いのは駅徒歩15分圏内

マイホームを買うときや、家を借りるとき、「最寄り駅から離れたところを希望する人」はほとんどいない。

一定数いるかもしれないが、割合は圧倒的に少ない。

最寄り駅に近い方が人気が高いし、取引件数が多い。

従って、駅徒歩15分圏内は流動性が高いのだ。

逆に、駅徒歩15分以上は流動性が低い。

そして、

駅徒歩15分圏内は、戸建てよりマンションの方が多い。

調べてみよう

住宅情報サイトで、

駅徒歩15分圏内の戸建てとマンションの販売数を調べてみよう。

調べてみよう

実際に駅徒歩15分圏内を歩き回って、

戸建てとマンションどちらが多いか見てみよう。

意識して歩くと、新しい発見があるだろう。

国内には駅徒歩15圏内でも、

マンションより戸建ての方が多い地域がある。

その場合は、

戸建ての方が流動性は高いので

戸建てを買おう。

【3】 買取再販業者の存在

買取再販業者とは、

「中古物件を買ってフルリフォームして再度売り出す」ことを

専門にやっている不動産会社のこと。

東京では、 中古マンション専門の買取再販業者は100社以上ある。

戸建て専門の買取再販業者は存在するのか分からない。

知っていれば是非教えて欲しい。

「戸建てを買ってフルリフォームして売り出す不動産業者はいる」が、 専門でやっている業者はいないだろう。

まとめ

今回は、将来の売却や賃貸に出すことだけにフォーカスして話した。

将来の売却のしやすさや賃貸での貸しやすさは、戸建てよりマンションだ。

ただ、マイホームを買う場合にはお金だけの損得では無いはずだ。

マイホームで生活する時間が最も大事だ。

あなたには、快適な時間を過ごして欲しい。

快適に過ごすことを一番に、

時間を大切にして生活されることを願っています。