マンション購入

なぜ家族は、家探し(住宅購入)で疲弊するのか?

今に続く、ずっと同じ家探しの方法

家を探す多くのご夫婦やご家族は、家探しをスタートさせる前に十分な話し合いの機会を持っていない。

「家でもそろそろ買おうか?」となり、取り敢えずネットを見たり、不動産業者に行ったりして、物件の内覧をしたりする。

そして、一から営業マンに教えてもらい、気になった物件を片っ端から内覧していく。

ご夫婦やご家族で、住まいに対する意見交換が始まるのは、ようやくこの頃。

もっとも、ご夫婦の力関係で、なかなか意見を言えないご主人や奥様もいる。

お互いが意見をしっかり主張しないから、何件内覧しても決まらないで疲弊していく。

 

間違った不動産営業マンへの評価

家探しを開始してから数か月後にようやく購入する物件を決めたとする。

その時の営業マンへの評価は、「親身に色々と教えてくれた」「何件も嫌な顔せずに内覧に付き合ってくれた」等が多い。

果たして、不動産の知識を色々と教えるのが、不動産営業マンの一番の仕事でしょうか?

果たして、何件も何件も内覧させることが、不動産営業マンの一番の仕事でしょうか?

 

不動産営業マンのあるべき姿とは?

不動産営業マンの一番の仕事は、

家を求めているお客様の希望を聞き出し、その希望を擦り合わし、家探しの優先順位を明確に提示すること。

そして、

内覧件数を限界まで少なくすること。

です。

内覧は大切なお客様の時間を割く行為。

必要以上にするべきではない。

家を購入するほとんどの方は融資を引いて購入する。

購入できる価格が最初に決まる。

当然、購入できない物件の内覧をしても意味はない。

購入する価格帯が決まったら、お客様の希望条件をあぶり出す作業が必要になってくる。

多くの営業マンがここを蔑ろにする。

「適当に何件か案内していれば、いずれ決まるだろう」と安易に考える。

家探しにおいて、優先順位を明確にしないままに内覧をするから、決まるまでに数か月もかかってしまうのだ。

ご主人様の意向、奥様の意向、お子様の意向をちゃんと聞けば、各々の希望が浮かびあがってくる。

それを第三者がいないご家族内だけでやろうとしても難しいだろう。

第三者が入って、購入希望条件を言語化し共有してもらう必要がある。

ご家族だけでやろうとしても無理な理由は、ご家族の中には力関係があるからです。

そもそも不動産に詳しくない人が主導権を握って進めても上手く纏められるはずがない。

家探しの優先順位の項目とは、例えば「駐車場付き」だったり、「間取りは最低2LDK」だったり、「2階以上の部屋」と、そのお客様毎で全然変わってくる。

要は、絶対に譲れないポイントを抽出し共有するのだ。

そして、その譲れないポイントを全て満たす物件があったら購入すると決める。

ここで、この覚悟をしないと家は購入できない。

「もっといい物件があるのではないか?」と思い始めたら、絶対に家は買えない。

こんなお客様もたまにいる。

「10物件見てから一番良かった物件を買おう」と考えて内覧をスタートする方がる。

こういう方は失敗する。

今まで何人もこういう方を見てきた。

なぜ失敗するのか?

それは、10物件見終わってから購入する物件を決めたときには、その買いたい物件は売れてしまっていることがあるからだ。

最も、10物件を一日で内覧するならば話しは別だ。

「買いたいと決めた物件を買えなかった」という失敗を経験をした人は、「次からは、欲しい物件があったらその日中に決断しよう」と学ぶ。

一度でも不動産を購入した人は良く理解されているが、初めての方はなかなか理解されないだろう。

理解されにくいかもしれないが、事実なので言っている。

 

家は一人で買うものじゃない!!

一人で住宅を購入するなら、すべて自分が決めるのでスムーズに行くだろう。

ただ、住宅購入は違う。

自分以外に人と住むのだ。

自分以外の人の希望も聞くのだ。

ご夫婦であったりご家族であったりと、自分以外の人と一緒に物を購入する訳だから、事前にしっかりと意見交換をして頂きたいのだ。

絶対に譲れないこと、譲れることを明確にするべきである。

言語化し、共有しよう。

家探しを開始してから、「相手の考えを始めて知る」という方は少なくない。

内覧に同行していて、「えっ、そこにこだわるの?」「それだったら最初に言っておいてよ!」とご主人が奥様に言っていたり、奥様がご主人に言っていたりする状況に何度も見てきた。

「家探しをしよう」と決めたからと言って、家でしっかりと意見交換がされることはほとんどのご家庭ではない。

皆忙しいですし、何をどう話して良いかも分からないからだろう。

 

結論:家探しは一か月で決まる!!

家探しにおいて、ちゃんと話合いが持たれていれば、一か月以内に決まる。

数か月間、毎週末、内覧しても内覧しても決まらない方達は、家に求める項目が定まっていないまま動いているからです。

「求める項目が定まっていない、共有されていない」では、決まるわけがない。

そして、「何件も見ていれば、いずれパーフェクトな物件に出会える」という妄想を抱いている。

半年内覧して買えない人は、「買えない人」になります。

パーフェクトな物件なんて、この世に存在しないのです。

立地良くて、日当たりが良くて、駅から近くて、価格もお手頃で、、と完璧を求める人が少なくない。

失敗したくないのは分かるが、完璧はない。

そんな物件があったとしても市場には出回らない。

不動産会社が買ってしまって、それなりの価格で売りにだされるだけだ。

大切なのでもう一度言う。

完璧な物件は、絶対にありません。

100件内覧しても、出会えることは絶対にありません。

絶対にです。

不動産の購入は人生でそう何度もあるわけではない。

ただ、その購入する家で人生の幸不幸が決まるわけではない。

家探しで疲弊するのもおかしな話なので、楽しく効率よく家探しをして頂きたいと思う。