マンション購入

幸せとは不快がない状態。不快を排除するため家を買おう!

幸せとは何だろうか?

お金があることだろうか?

健康でいることだろうか?

人それぞれ、色んな考えがあると思う。

「お金で幸せが買える」と考える人もいるだろう。

「イヤ、お金で幸せは買えない」と考える人もいるだろう。

今回、お金で幸せが買えるか否かを論じたい訳ではない。

今回は、お金で幸せが買えるとは限らないが、「不快は排除できる」ということを伝えたい。

そして、結局のところ、

幸せとは不快がない状態だ。

お金があると、トラブルの場から逃げることができる。

トラブルに巻き込まれても、お金で解決することができる。

お金があると、不快になる可能性が下げられるし、不快になっても解決できるのだ。

「イヤ、私は日々、不快になっても構わない」という人はいないだろう。

もし、あなたがそうであれば、ここから先は読まなくて良い。

「人生において、できるだけ不快を排除したい」という方に向けに言う。

お金があると不快が排除できることは想像できるだろう。

では、お金が貯まってからでないと不快は排除できないのだろうか?

「住まい」に関してはそんなことはない。

はっきり言うが、賃貸と分譲では、賃貸の方がトラブルに会うケースは圧倒的に多い。

想像してもらえれば分かると思うが、賃貸は誰でも住めるため、「住む」ためのハードルが低いのである。

「住む」ためのハードルが低いということは、色んな人と交わることになる。

色んな人と交わることになるから、トラブルになる確率が上がるのだ。

翻って、分譲マンションや分譲戸建てはどうだろうか?

住宅ローンを組んで買っている人がほとんどである。

住宅ローンは、金融機関がその人を審査して貸している。

年収、勤務先、勤務年数、預貯金等、その人の属性をくまなく調べられる。

要は、「まともな人」でないと家は買えないのだ。

分譲マンションを買った場合、

「その建物に住む人は皆、まともな人たち」

ということになる。

はっきり言うが、

賃貸マンションより分譲マンションの方が

快適だ。

いや、ものすごく快適だ。

賃貸マンションより、分譲マンションの方が不快になる確率は低い。

要は、「賃貸マンションは、分譲マンションよりも不快になる可能性が高い」

ということになる。

「人生、不快がない状態が幸せ」と思っているならば、

不快になる可能性が少ない

分譲マンションを買うのが良いだろう。

最も、マンションでなくても分譲の戸建てでも良い。

とにかくお勧めしないのは、賃貸アパートや賃貸マンションに住むことだ。

色々な人が住めてしまうところに、ずっと住む必要はないだろう。

「より不快がない状態」を目指すのであれば、賃貸とおさらばしよう。

家を買うのは、別に家の購入額を全額貯めなくても良い。

住宅ローンとして借りれば、家は買える。

「お金があると不快を排除できる」と伝えたが、

住宅ローンを利用することは、

お金があるという状態とイコールである。

お金が手元にあるかないかの違いはあるが、数千万のお金がある人と同じ行動が取れるのが住宅ローンだ。

住宅ローンという便利なサービスがなければ、お金を貯めて家を買うことになる。

でも、今は住宅ローンという便利なサービスがあるので利用すればいい。

家を買うためのお金が貯まるのを待っていたら人生終わってしまう。

人生を快適に、

不快がない状態にするために、

住宅ローンを利用しよう!

分譲マンションを買って、不快がない状態で生活しよう!