マンション購入

サラリーマンだからこそマイホームを買おう‼サラリーマンが一番、住宅ローンが通りやすいのを知っているだろうか⁉金融機関は経営者よりも個人事業主よりもサラリーマンへの評価が最も高いのだ‼

サラリーマンだからマイホームが買えます!

経営者、フリーランス、個人事業主は住宅ローンが借りにくいのです。

住宅ローンが最も借りやすいのは、サラリーマンです!

「持ち家か賃貸か」で悩めるのはすごく幸せなこと!

サラリーマンだから、その選択ができるのです。

あなたは、「住宅ローンが利用できる」有難さが本当に分かっていますか?

補足ですが、サラリーマンだからといって必ず借りられる訳ではありません。

勤めている会社の状況も審査されます。

創業間もない会社・ベンチャー企業・経営が危ない会社では、審査が通らないかもしれない。

金融機関は、会社の状態もしっかり審査してきます。

サラリーマンであれば住宅ローンは借りられるが、会社の属性により借りられないこともあることを理解しておこう。

住宅ローンを利用するベストな年齢は30歳‼

定年時(65歳)に完済したいなら、30歳で住宅ローンを利用始めればいいです。

 65歳 -    35年      =  30歳

(定年)  (返済期間の上限)

遅くても45歳までには買おう!

   80歳    -    35年    = 45歳

(返済年齢の上限)  (返済期間の上限)

45歳以上でも住宅ローンは借りられるが、毎月の支払いは多くなります。

返済期間が短くなると、毎月の返済額は大きくなることも理解しておこう‼

まとめ

「持ち家か賃貸か」で悩めるのはサラリーマンだから‼

サラリーマンを辞めると、住宅ローンは利用できない。

サラリーマンを辞めると、「持ち家」の選択肢は無くなる。

これが分かっている人が意外と少ないのを感じる。

当たり前に、持ち家にしようか?賃貸にしようか?と悩んでいる人がいるが、その悩めることがどれだけ幸せなのかをちゃんと理解して欲しい。

あなたがサラリーマンを辞めたら、住宅ローンは借りれずマイホームは買えなくなるのだ。

サラリーマンを辞めた時点で、持ち家か賃貸の選択はなくなり、賃貸暮らしを続けるしかなくなる。

人間は、選択できることに幸福を感じ、一択しかないことに窮屈さを感じる。

悩める選択肢があることに感謝しよう‼

住宅ローンの事前審査をやろう‼

いきなり物件を探し始める人がいるが、絶対に止めた方がいい。

理由は、ただ瞑想して終わるからだ。

とにかく、物件探しの前に住宅ローンの借入れ額を明確にしよう‼

事前審査をやると、住宅ローンの借入れ額がわかる。

住宅ローンの借入れ額も分からずに物件探しをしても時間の無駄だ。

(マイホーム購入)事前審査からスタートしよう‼

マイホームは30歳までに買おう‼

定年までに住宅ローンの返済は終えた方がいいだろう。

65歳の定年から住宅ローン返済期間の上限である35年を引くと、30歳になる。

だから、定年で住宅ローンを完済したければ30歳で買うのがベストなのだ‼

(マイホーム購入)家は30歳で買おう‼