マンション購入

マンション購入において「そこで永住できるか?」は必要ない。

マンションを購入するときの検討条件として、

「そこで永住できるか?を考えた方がよい」

と思っている人がいる。

はっきり言うが、これは全く意味がない。

もっとも、50歳以上の人が買うのであれば、その視点は持っていてもいい。

20代、30代、40代の人が買うのであれば、

「永住するつもりで・・」という視点は必要ない。

多くの場合、住宅ローンは35年で組む。

ただ、買ったマンションや住宅に35年住む人はいない。

家は家族で住むことを前提に買われる。

そして、子どもが大きくなって出ていったときは、住み替える。

「子どもを含めた家族」で住むことを前提に買っているので、

子どもがいなくなったら、当然部屋は必要以上に広くなる。

使わない部屋が増えてきたら、売却して別に住むところを買うのが賢い。

もっとも、売却しないで貸してもいい。

このように家は、ライフスタイルによって使い勝手が変わる。

家は、

向こう20年くらい住むつもりで

買えばいい。

「住宅ローンの借り入れ期間は、

購入した家に住まなければならない」

という決まりはない。

もっと気軽に考えよう!

住宅を購入するときに、

「永住できるか?」

という視点はなくていい。

「20年くらいしたら、住み替える」くらいに

考えておけばいい。

今、子どもが小さくても20年もすれば、一緒に住んでいるか分からない。

住宅ローンを

最長の35年で組む理由は、

月々の支払いを

抑えるためだ。

早く返済したいのであれば、

お金に余裕があるときに繰り上げ返済すればいい。

返済期間は、

今後の人生で調整すればいいだけの話しだ。

人は、

死ぬまでどこかに

「住む」。

長い人生のひとつの期間を、その買った家で過ごすだけだ。

死ぬまで、色々なところに「住む」ことになる。

「死ぬまで住む」ところを探す必要はない。

生きていて、数十年もすれば、感性や価値観も変わってくるだろう。

それなのに、今の感性・価値観で一生住むところを探すのは無理だろう。

だから、

「ほんの20年くらい住むところ」を探す

気持ちでいいのだ。

住宅購入で動き出すほとんどの人が、人生という長いスパンで「住まい」を考えていない。

是非、あなたには、人生という長いスパンで「住まい」を捉えて欲しい。

きっと、気が楽になるから。。