マンション購入

一生賃貸だと老後2,000万では足りない‼

2019年、「老後2,000万」問題で世間が騒いだ。

結論から言おう。

老後2,000万で足りるわけがない。

なぜなら私達は長寿だからだ。

そして、一生賃貸だと、なお足りない。

一生賃貸は、死ぬまで家賃を払い続けることになる。

分かりやすく説明していこう。

目次

1.背景・前提条件

2.老後を考える

3.理想

4.心構えと対策

5.結論

【1】背景・前提条件

あなたに質問です。

老後にかかるお金について真剣に考えたことがありますか?

あなたは、次の5つのことをちゃんと理解しているだろうか?

・人生100年時代

・定年65歳

・定年から寿命までは35年

・年金の支給額は不明

・人生で「住居費」への支出は最も多い

【2】老後を考える 収入から一番出ていく住居費を考えよう。

定年後、家賃を死ぬまで払ったらいくらになるだろうか?

賃貸の場合

家賃10万/月 4,200万(35年間)

家賃15万/月 6,300万(35年間)

スゴイ金額だとは思わないだろうか?

とてもじゃないが、老後2,000万で足りるわけがない!

翻って、マイホームを買った場合はどうだろうか?

マイホームの場合、

定年までに住宅ローンを完済しているなら、老後の費用はゼロ。

定年後に払う費用はゼロになる。

【3】理想 あなたの理想はどんな感じだろうか?

定年後、住居費は払いたくないのではないか?

支払いについて、衣食住ごとに見てみよう。

果たして、衣食住の費用は減らせるのか?

衣:減らせる

食:減らせない

住:最も減らせる

マイホームを買って定年までに住宅ローンを完済すれば、それ以降、住居費はかからない。

定年後、

衣・食・住で、最も支出を減らせるのは住居費である。

これを理解している人は、ほとんどいない。

「住居費」は、

人生で最もかかるが、

最も減らすことが出来る項目なのだ。

【4】心構えと対策

私達は長寿だ。

この事実を受け入れよう。

100歳以上生きると理解しよう。

毎日の家計簿だけを付けていてもダメ!

人生の支出は、

長いスパンで見ないとダメ!

人生トータルでの収入と支出を計画するのだ。

家計簿だけつけていて、支出が大幅に変わることはない。

長いスパンで全体を俯瞰し、

計画・行動出来る人がいつも得するのだ。

【5】結論

老後2,000万では、圧倒的に足りない。

一生賃貸だと、スゴイ金額の家賃を払うことになる。

とにかく、衣食住の住居費の支出を抑えよう。