マンション購入

マンション購入でいきなり内覧するのは止めよう!

先日、こんなツイートをした。

 

マンションを買いたい人は、不動産屋の車に乗って現地に行ったりする。

もちろん、マンション自体も大切なのは分かるが、周辺の環境も十分大切だろう。

極論、マンションの中身はそれほど差はない。

ただ、周辺環境はマンションごとに全然違う。

不動産は世界に2つと無い。

同じものが世界に2つとない商品なのだ。

立地だけは、

どんなにお金をかけても

変えられない要素である。

周辺にあるものも、コントロールが効かない。

お金を払ってコンビニを近くに持ってくることなんて無理だろう。

学校や職場を近くに持ってくることもできない。

とにかく立地は重要である。

だから、

いきなり不動産屋の車に乗って

物件の内覧に行くというのは止めた方がいい。

内覧に行く前には、

グーグルストリートビューで、

その周辺をくまなく見てみよう。

最寄り駅までの道のりや、

スーパーの位置、

学校の位置など生活に必要な場所をそれぞれちゃんと理解しよう。

周辺環境が気に入らないのに、

マンションだけを気に入って買う人はいない。

周辺環境が気に入って、

マンション自体も気に入って買うことになる。

マンションの内覧ばかりを繰り返しても買えない理由はここにある。

1件のマンションを内覧するにかかる時間と労力を考えてもらいたい。

時間も労力もかかるから、先にネットで確認できることをしてしまおう。

ネットであれば、

何件のマンションの周辺を見ても移動する必要はない。

不動産屋に付き合ってもらう必要もない。

自分たちでできることだ。

そして、

できれば、周辺が気に入ったあとは、

不動産屋抜きで

自分達でそのマンションの周辺を

歩いてみることだ。

グーグルストリートビューで見ていた印象が、実際に歩くことで確実に理解できる。

周辺を歩いた印象がよかったら、その後に実際に内覧すればいい。

内覧する前に、気になる物件が数件あるならば、

同じように

不動産屋抜きで現地確認をしてしまおう。

不動産屋抜きで歩き回った方が、気軽に見れるし良いだろう。

どんなに優秀な不動産屋でも周辺は変えられないので、自分達でしっかり見ておくべきだ。

数年前は、グーグルストリートビューなんてものは無かった。

非常に便利な時代になった。

せっかく便利なモノが増えてきたのだから、それを使おう。

最後にまとめよう。

マンション購入を考えたら、いきなり内覧はしない。

まずは、周辺環境をグーグルストリートビューで確認する。

その後に、不動産屋抜きで現地を確認する。

その上で、実際に内覧をする。

この順序が時間も無駄にせず、無駄な労力がかからないマンション探しの手順となる。

是非参考にしてほしい。