マンション購入

持ち家と賃貸の違い3選‼持ち家と賃貸の違いをちゃんと分かっているだろうか⁉そもそも持ち家と賃貸ではグレードが圧倒的に違う‼グレードが圧倒的に違うということは、違う商品ということだ‼

あなたは、持ち家と賃貸の違いを本当に分かっていますか?

ここでは、持ち家(分譲マンション)と賃貸(賃貸マンション)の違いを説明します。

分譲マンションとは・・

一棟マンションを一住戸ずつ販売しているマンションのこと。

新築マンション・中古マンションとも言う。

賃貸マンションとは・・

一棟マンションの各住戸を貸すマンションのこと。

分譲マンションと賃貸マンションでは、グレードが圧倒的に違う‼

キッチン・バス・トイレを始め部屋の中の設備仕様にかける費用が全然違う。

一部屋にかける費用は数百万は違う。

そもそも、作る目的が違う。

分譲マンションは、「購入者が満足するもの」を作っている。

賃貸マンションは、「オーナーが満足するもの」を作っている。

このような理由から、賃貸マンションはチープ(安っぽい)になる。

「高級な賃貸マンションもあるだろう」と思うかもしれないが、高級賃貸マンションを作っている大手の不動産会社からしたら、分譲マンションよりグレードは落としている。

賃貸マンションを分譲マンションと同様の設備仕様で作るデベロッパーはない。

 持ち家と賃貸では、売主の気持ち・オーナーの気持ちが違う‼

売主は買主に対して感謝しかない。

オーナーは、入居者に感謝はあるかもしれないが、ずっと家賃をちゃんと払ってくれるか常に不安。

そして、オーナーは高齢者に入って欲しくないと常に思っている。

オーナーは孤独死を最も恐れているのが実際のところ。

「入居し続けてくれて家賃を払ってくれるのは嬉しいが、死なれたくはない」というのがオーナーの正直な気持ち。

なぜ孤独死されるのがイヤかと言ったら、その後の原状回復工事に100万くらいかかり、次の募集では家賃を大幅に下げなければならないからだ。

入居者が亡くなった場合、次の入居者に告知しなければならない決まりがある。

入居者が亡くなると、次の入居募集でかなり苦労する。

家賃は半額になると、ずっとその下げた家賃で入居されるので賃貸経営は赤字になりオーナーは悲惨な目に合う。

持ち家と賃貸では、利用できる期間・年齢が違う‼

持ち家か賃貸かで悩めるのは、一時期だけなのだ。

持ち家は住宅ローンを利用するが、住宅ローンには利用できる期間がある。

次の2つの動画を見てください。

住宅ローンは30歳で利用開始した方がいい

「家は30歳で買おう!!」

住宅ローンは遅くても45歳までに利用開始しよう

「マイホーム購入 買えるのは45歳まで!」

賃貸マンションは、高齢者になっても家を選ばなければ借りられるだろう。

住宅ローンを利用するには、年齢や勤務先に条件がある。

誰でも住宅ローンを利用できる訳ではない。

「持ち家か賃貸か」で悩み・考えられるのは幸せなことなのだ。

高齢者になると住宅ローンが使えなくなり、「持ち家」の選択肢はなくなることをちゃんと理解しておこう‼

 ◆持ち家と賃貸は、グレードが圧倒的に違う‼

◆ 賃貸くらしは、高齢者になるとオーナーに避けられる‼

◆「持ち家」を選択できる年齢は25歳~45歳まで。

「持ち家か賃貸か」で考えられる年齢ならば、しっかりと今考えよう‼